ベインワークスの取り組み


 

 この会社を設立した2010年に”がんばれ日本の製造業”からすべてはスタートしました。2016年、国内では製造業生産業界が18.7%と産業別GDPで第2位となっております。(データー平成26年国民経済計算確報より)しかしながら、ここ10年で日本の国際競争力が衰退しており、これからの労働力の低下も見込まれる中、国内生産にこだわりコストを抑えながら、良質の品質を提供するのはチャレンジでしたが、少しでもいい製品にこだわり続け、弊社が取り扱う特殊な小型容器が海外でも信頼されはじめてきました。私たちの製品へのクオリティーの高さとこだわり、そして努力もあり、米国への輸出を展開しはじめ、現在では他国での需要も高まってまいりました。課題は人件費など山積みですが、それでも国内製品は良いと自信を持っております。 また積極的に、ご契約者さまを中心に環境負担の低減を目的とした、資源の有効利用、循環型社会の推進を取り入れ REUSEとRECYLEをスタートさせました。これからも私たちが目指すベインワークスは環境やビジネスの変化に応じての製品の更なるアップグレードを模索し、これからの日本と国際ビジネスのあり方を自分たちで創造していくことが私たちの目指すところです。


私たちのスタンダードオペレーションサービス(SOP)

  私たち企業理念でもある、

1)満足度、クライアントの満足とサービスを常に考え、産業用包装&容器から品質の高いサービスと質を提供すること。お客様の声を常に意識し、それを形 

  にしていくこと。

2)信頼、従来の産業容器業界にない、革新性、創造性を駆使し、安全でかつ効率的なルートをご提案し信頼を得るビジネスパートナーとしてい続けること。 3)お互いの利益の追求、クライアントの売上拡大、コスト削減、生産性の向上を図り利益増加を常に意識し、環境によるリスクマネジメントを行い、お互い

  の利益を追求していくこと。